中丸氏の実戦譜(その4)


このページの棋譜が表示されない場合、オラクルのJava Appletが必要です。
次のページhttp://java.com/ja/download/から、無料でダウンロードできます。
オラクルの指示に従って、インストールしてください。


中丸氏(東京都在住)を中心に、メールによる日本各地の囲碁仲間との熱戦の棋譜です。
対局者の氏名をクリックすると、棋譜にジャンプします。

囲碁の勉強の参考にして下さい
。特に、棋譜79からの松村氏(大阪商大)のコメントは非常に参考になります。

|日本語のトップページへ|

棋譜01から棋譜60までは、実戦譜(その1)に記載しています。
実戦譜(その1)が表示されるまでに、時間が掛かります。
実戦譜(その1)は、ここをクリックしてください。

棋譜60から100までは、実践譜(その2)に記載しています。
実践譜(その2)は、ここをクリックしてください。
棋譜79から、松村 政樹氏(大阪商大)のコメントを記載しています。
非常に参考になります。


棋譜101から140までは、実践譜(その3)に記載しています。
実践譜(その3)は、ここをクリックしてください。
すべての棋譜に、松村 政樹氏(大阪商大)のコメントを記載しています。
非常に参考になります。

棋譜 連絡日 対局者 結果
141 08年5月17日 先番 中丸 仁  白番 佐野耕治 35手完 黒中押し勝ち
142 08年9月27日 先番 中丸 仁  白番 中野弘之 41手完 黒中押し勝ち
143 09年4月29日 先番 園田信一  白番 中丸 仁 51手完 黒1目半勝ち
144 09年7月26日 先番 松村政樹  白番 中丸 仁 50手完 白中押し勝ち
145 10年6月22日 先番 多田 一  白番 中丸 仁 51手完 黒中押し勝ち
146 11年4月11日 先番 中丸 仁  白番 山崎守男 30手完 白中押し勝ち
147 11年4月11日 先番 山崎守男  白番 中丸 仁 62手完 白中押し勝ち
148 11年11月23日 先番 中丸仁   白番 山崎守男 30手完 白中押し勝ち
149 12年1月14日 先番 山崎守男 白番 中丸仁 55手完 黒中押し勝ち
150 12年6月22日 先番 中丸仁   白番 山崎守男 36手完 白1目半勝ち
151 12年9月10日 先番 山崎守男  白番 中丸 仁 58手完 黒2目半勝ち
152 12年11月29日 先番 中丸 仁  白番 山崎守男 35手完 黒中押し勝ち
153 13年2月14日 先番 山崎守男 白番 中丸 仁 42手完 白中押し勝ち
 154 15年10月2日  先番 中丸 仁 黒番 大田 佑 32手完 白中押し勝ち 
155  16年7月3日  先番 中丸仁 白番 斉藤杉太郎   40手完 白中オシ勝ち
 156 16年7月3日   先番 中丸仁 白番 山崎守男  30手完 黒半目勝ち
157 16年8月1日   先番 斉藤杉太郎 白番 中丸 仁  73手完 黒中押し勝ち

碁盤の説明 :棋譜再生アプレット「GoodShape」を利用しています。
棋譜の位置表示と碁盤の位置表示が一致していませんのでご注意ください。

右端のボタン :  >、>>、>| 進む   <、<<、|< 戻る  Reset 最初へ  View 番号表示しない。

棋譜を再現して楽しむには:
右端の、上から6番目のボタン |< を押して、全ての石を消します。
右端の、一番上のボタン > を順次押して次の手を考えます。


皆さんのコメントをメールで(事務局メールアドレス)へご連絡下さい。
また、棋譜の表示方法についてもご意見お聞かせ下さい。

参考: 
互先(たがいせん)
は、先手(せんて)の黒が6目半のコミを後手(ごて)の白に出します。
盤上で黒が3目の勝ちであったとしても、コミを計算すると3目半の白の勝ちとなります。

定先じょうせん)は、対局者の棋力にわずかに差がある場合用いられる方式で、置石とコミが無しで行われる対局です。
下手(したて)が常に黒石(先手)を持ち、上手(うわて)が常に白石(後手)を持つことで、「先手の有利性」を下手のハンデとして対局が行われます。

このページのトップへ

棋譜番号:141  連絡日2008年5月17日

期日:08.5.2〜7  先番  中丸仁(6目半コミ出し) 白番 佐野耕治
結果:(35手完 黒中押し勝ち)
55 45 44 54 65 53 43 42 32 52
24 35 25 47 73 22 34 23 33 31
37 46 26 48 38 72 74 77 82 13
62 28 29 18 17 
(35手完 黒中押し勝ち)
中丸氏コメント: 九路盤では序盤から石が接触すると、先に打つ黒が有利だと思うのですが、いかがでしょうか?白の敗着はどこでしょうか?よろしくお願いいたします。

松村氏コメント
:いきなり戦いを挑むのは、白が苦しいようです。黒の5手目65が良い手で、白は打つ手に困っています。黒に73へ打たれるとおしまいなので、白47では74に打ちたいのですが、そうすると黒が47に打ってきます。序盤の45、54が無理な手でした。
このページのトップへ

棋譜番号:142  連絡日2008年9月26日

期日:08.9.9〜21  先番  中丸仁(6目半コミ出し) 白番 中野弘之
結果:(41手完 黒中押し勝ち)
55 74 63 73 76 36 62 86 87 85
34 24 67 72 25 35 26 44 33 23
22 43 32 27 13 57 45 65 47 56
46 58 66 68 78 75 77 48 37 98
38
(41手完 黒中押し勝ち)
中丸氏コメント: 黒25のハネ出しはどうだったのでしょうか? 白98では、白38、黒28、白29のアテまできめてから89におけば白の勝ちだと思っていましたが、どうでしょうか?よろしくお願いいたします。

松村氏コメント
:確かに、白の敗着は40手目の98で、感想の通りに白38から打てば勝ちでした。序盤から振り返ると、黒25のハネダシ、27のハイコミ、22の二段バネが三手セットの良い手でした。白の58ツケに対し、黒は57に突き当たる方が良かったでしょう。
白65からの切断が良い手で、実戦のように進行すると白勝ちになります。
黒33手目の66キリが打ち過ぎで、この手では48にオサエて隅を捨てるしかありません。続いて白が66に受けても、68に受けても黒58のハネツギが利きますので、地合いで黒の勝ちでした。
このページのトップへ

棋譜番号:143  連絡日2009年4月29日

期日:09.3.22〜4.09  先番  園田信一(6目半コミ出し) 白番 中丸仁
結果:(41手完 黒1目半勝ち)
43 56 74 42 52 53 62 44 33 34
23 75 58 57 48 68 78 69 25 36
27 26 16 37 38 28 17 24 14 35
15 84 76 77 85 65 83 86 94 63
73 96 64 54 29 95 84 59 49 47
18

(51手完 黒中押し勝ち)
中丸氏コメント: 白42のツケは様子見で打ちましたが、早すぎるでしょうか?
白75のツケが敗着のように思いますが、いかがでしょうか?
よろしくお願いいたします。

松村氏コメント:42のツケは悪手とは言えないでしょう。12手目の白75ツケは76に控えておいてはどうでしょうか。
黒25のトビコミに、37と外して受けるのが良かったのではないでしょうか。一応黒二子を取れます。黒が85ハネに回って、ヨセ勝負だったでしょう

このページのトップへ

棋譜番号:144  連絡日2009年7月26日

期日:09.6.19〜7月1日  先番  松村政樹(6目半コミ出し) 白番 中丸仁
結果:(50手完 白中押し勝ち)
55 53 63 67 54 43 74 35 36 25 
46 76 58 68 23 32 85 86 88 87 
22 33 52 26 27 21 78 57 48 47 
37 59 39 75 12 44 16 62 72 24
84 98 66 89 79 77 99 69 97 96 
(50手完 白中押し勝ち)
松村氏コメントこの碁は、布石の段階で黒が甘くなったようです。10手目の25ヒキも冷静な手で、12手目に76とコスミ、白が優勢です。黒もいろいろと手を付けてみましたが、白にミスがなく、白の名局と言えるのではないでしょうか。
このページのトップへ

棋譜番号:145  連絡日2010年6月22日

期日:10.5.17〜6.18  先番  多田 一(6目半コミ出し) 白番 中丸 仁
結果:(51手完 黒中押し勝ち)
54 67 47 34 36 53 43 44 33 23
22 24 52 63 62 73 55 12 32 41
72 82 83 84 93 94 74 92 83 93
64 83 85 86 75 95 81 71 42 91
76 87 96 97 25 21 51 96 77 78
88

(51手完 黒中押し勝ち)
松村氏コメント:黒7手目のハネダシが強手で、実戦のように攻め合いになってしまうと白が勝てません。
白は12手目に24にツイだのが正直すぎました。この手では、52にサガリ、黒24カカエに白64アテ、黒55ノビ、白65 と打てば白十分だったでしょう。
ちなみに、白64アテで先に32からのシボリを効かそうとすると、黒13、白42の時に黒は23にツガないで64に打ってきてまぎれる可能性があります。
右辺を囲えば白十分なので、欲張ることはありません。
このページのトップへ

棋譜番号:146  連絡日2011年4月11日

期日:11.2.19〜26  先番  中丸仁(6目半コミ出し) 白番 山崎守男
結果:(30手完 白中押し勝ち)
55 63 74 47 73 35 57 58 46 67
36 33 42 43 52 64 65 62 56 53
48 68 26 76 75 87 13 24 22 14
(30手完 白中押し勝ち)
松村氏コメント:
5手目の73は少し悪いような気がします。おそらく、67か43が勝るでしょう。
黒11では、56にツグ手もありますが、そうすると白は43に打ってきます。続いて黒48、白68、黒37、白76 となって白が有利です。
23手目の38が最後のチャンスでした。ここは24に置いて様子を見たいです。
例えば白が23や34に受ければ、47の白石はこのままで逃げられませんので、黒が76に回り、白を殺すことができます。ただ、24オキに対して白は25に遮る手が正しく、続いて黒26オサエに今度は白が右下76に手入れします。黒は少し得をしますが、逆転はできません。
このページのトップへ

棋譜番号:147  連絡日2011年4月11日

期日:11.1.26〜2・15  先番  山崎守男(6目半コミ出し) 白番 中丸仁
結果:(30手完 白中押し勝ち)
55 63 43 75 76 66 65 77 86 74
56 67 57 33 34 24 32 23 26 36
52 37 87 88 78 68 58 79 59 69
28 27 22 44 45 35 53 38 39 29
19 18 17 16 13 18 89 99 17 14
25 18 85 84 17 49 48 18 73 83
17 72
(62手完 白中押し勝ち)
松村氏コメント:
白66からのハネダシは厳しい手ですね。黒が56、57と譲ったのは辛いです。この分かれは白有利なので、黒が反撃したいのですが、有効な手が思いつきません。とすると、66ハネダシからずっと白が優勢ということになってしまいます。
ここで、普通に白58からハネついでも白に残るようですが、33にツケていったのが良い手でした。右下隅は、黒から打てばコウになりますが、なかなか黒からのコウダテがありません。最後は確かに無条件生きもありましたが、コウでも白が大丈夫でした。
このページのトップへ

棋譜番号:148  連絡日2011年11月23日

期日:11.11.15〜23  先番  中丸仁(6目半コミ出し) 白番 山崎守男
結果:(30手完 白中押し勝ち)

43 66 36 74 67 46 45 57 37 48
73 63 84 55 44 72 75 83 76 68
64 54 73 77 82 74 87 65 78 85
(30手完 白中押し勝ち)

松村コメント

68アテに対して、77にツイだとしても、白に65に備えられると黒は生きられません。続いて88に打っても、94に当てられます。黒が15手目に44とツイだ手が疑問でした。この手では、47とアテ、56ツギに44と打ちます。実戦と同じように、白が72に打ってきたら、68サガリ、58ツギを利かしてから、75アテ、83トリ、76オサエまでで、黒優勢です。さかのぼって、白12手目の63オサエでは、83ハネが穏やかでした。これで白十分だったでしょう。
このページのトップへ


棋譜番号:149  連絡日 2012年1月14日

期日 : 2011年12月12日〜28日  先番 山崎守男(6目半コミ出し) 白番 中丸仁
結果: 55手完 黒中押し勝ち

56 53 54 64 44 65 66 43 33 73
46 37 26 77 76 58 68 67 78 57
87 27 47 48 59 39 28 18 29 36
25 35 34 86 97 69 89 85 98 16
24 22 32 42 21 13 15 17 75 84
41 51 31 55 45
(55手完 黒中押し勝ち)
松村氏コメント:
この碁は、白の10手目、73のカケツギが問題でしょう。この手では、すぐに37か36に入るしかなさそうです。もし、黒が63に来たら73から二子を捨ててしまいます。
実戦は、白の37には26から攻めて、なかなか白は生きられません。黒の68、78の二手はうまい手筋でした。
白も最強に抵抗しましたが、白86のキリに対して97のサガリが良い手で、隅の黒と攻め合いになりません。
さかのぼって、白57ツギで87に伸びれば、半分は生きられたでしょうが、地合いは白足りません。結局、布石の段階で黒が優勢になったと思います。


このページのトップへ  

棋譜番号:150  連絡日 2012年6月22日

期日 : 2012年6月4日〜12日  先番 中丸仁(6目半コミ出し) 白番 山崎守男
結果: 36手完 白1目半勝ち

43 66 46 63 67 76 77 36 56 37
74 64 73 44 65 34 62 52 72 53
51 41 61 42 48 38 59 47 57 55
75 45 39 29 49 28
(36手完 白1目半勝ち)
松村氏コメント:
黒は74に打ち込む前に、黒35、白25、黒24と二段バネを打つべきでした。白は34、黒45、白23までは絶対ですので、それから74に打ちます。続いて白73には黒84と打ち、白が危ないです。白を取り逃がしても、黒26キリから白二子を取れますので、黒優勢です。

実戦は、黒の19手目、72ツギが失着です。この手では42に押さえる手が成立します。白は72に切るわけには行きません。黒54から打たれてつぶれます。いったん白55を利かしても黒75ツギに対して白は打つ手がありません。72ツギで42に打っていれば、少し黒が優勢だったでしょう。

このページのトップへ  

棋譜番号:151  連絡日 2012年9月10日

期日 : 2012年6月30日〜7月12日  先番 山崎守男(6目半コミ出し) 白番 中丸仁
結果: 58手完 黒2目半勝ち

44 57 56 66 65 75 55 47 76 67
74 85 84 35 34 25 46 36 37 27
77 78 86 87 95 23 24 14 33 22
88 89 98 51 32 31 21 11 13 12
42 41 68 38 72 71 62 61 82 81
58 48 79 59 92 15 52 13

中丸氏の感想

黒37の切りに対し、白38とアテた手がおかしかったでしょうか?
手抜きして、23にトビこむ手もあるように思うのですが…。
よろしくお願いいたします。


松村氏コメント:

黒37の様子見が良い手でした。手抜きして23に飛び込んでも、黒23、白14、黒27となり、白が勝てません。

白は27に受けるしかないでしょう。その後、白71のツケに対して黒が62に伸びた手が悪手でした。この手では普通に81から抑えていけば、先手を取れますので、実戦と二目の差があります。少し黒に余裕があったので、逆転にはなりませんが。

白は25の下がりが敗着のようです。この手では、24にハネ、黒23抑えに対し、白86に打つしかありません。続いて黒が25、白26、黒14と取ってくれば、94からのハネツギを決めます。これなら少し白が優勢です。

問題は、黒がおとなしく25からキリトッテくれるかどうかですが、もしも黒が36と来た時の想定図だけ示しておきます。
黒36に続いて、白26、黒37、白46、黒45、白25、
黒28、白27、黒38、白18、黒17、白16、黒19、白29、黒39、白48、黒19 となった時に白は77に取っておけば、このコウは黒が勝てません。


このページのトップへ  

棋譜番号:152  連絡日 2012年11月29日

期日 : 2012年11月13日〜11月23日  先番 中丸 仁(6目半コミ出し) 白番 山崎守男
結果: 35手完 黒中押し勝ち

43 56 36 63 76 74 78 37 27 26
25 35 46 45 47 57 16 48 38 65
85 34 23 24 33 87 77 84 52 68
88 79 89 98 96
35手完 黒中押し勝ち
松村氏コメント
この碁は、序盤で黒が打ちやすくなったようです。
7手目に78に打ち、白としてはどこかで仕掛けないと不利です。
26の切りから35の打ちましたが、26で単に35から打つ手はなかったでしょうか。
以下、実戦のように、黒46 白45 黒47 となれば、一旦55にツギます。
今度は黒25に対し、24と押えて、黒34、白23と戦えば、まだ勝負だったでしょう。
実戦は33のツギが良い手でした。確かに、コウになってもそばコウがあり、黒が優勢です


このページのトップへ  

棋譜番号:153  連絡日 2013年2月14日

期日 : 2012年12月1日〜17日  先番 山崎守男(6目半コミ出し) 白番 中丸 仁
結果: 42手完 白中押し勝ち

43 56 36 54 45 55 76 44 34 33
32 23 22 24 35 77 87 67 74 37
27 53 42 88 62 52 51 41 31 63
72 73 83 82 81 12 13 14 21 28
26 38

42手完 白中押し勝ち
松村氏コメント
松村コメント
白33からの味付けは良いのですが、24のアテは保留する手もありました。
後から、白37に着けた時に、もし実戦のように27にハネると、白25の手筋 が残ります。

実戦は77ツケに対し、黒は53ハイが急所です。続いて白63、黒62と打っ たとき、 普通なら白72と二段バネしたいのですが、黒64、白73を交換してから> 黒67にハネ出されてしまいます。 続いて白57なら黒78、白87、黒66で白が困りますし、黒67に対して 白66に切るのは黒78、白87を交換してから黒57で白が困ります。

白72の二段バネが打てないので、73に引くしかないですが、 それでも黒は黒67にハネ出します。 続いて白57なら黒78、白87、黒58と打ち、黒が優勢でしょう。

実戦は、黒51のワタリが敗着です。この手では黒85にカケツグしかなかった でしょう。 白が97に来れば、そこを放置して38に回りますし、白が28に来れば黒27、 白38を 交換してから黒98に回れます。

さかのぼって、白52の出が、当然の一手のように見えますが疑問でした。 この手では、28のヨセに回るか、85のオキに回れば白が優勢だったでしょう。






このページのトップへ  

棋譜番号: 154 連絡日 2015年10月2日
第2回山梨県障害者芸術文化祭・甲信越囲碁大会1回戦

期日 : 2015年9月1日5日  先番 中丸 仁(6目半コミ出し) 白番 大田 佑
結果: 32手完 白中押し勝ち
55 43 63 67 76 77 47 75 65 35
34 24 86 48 37 38 28 57 46 26
27 45 56 87 52 42 53 85 44 33
54 22


黒37の引きが緩着だったでしょうか? 黒25の切りを利かすことも考えていたのですが、37と打ってしまい、その後、形が崩れてしまいました。
松村コメント
確かに黒37の引きでは黒が不利ですね。
まずは38に押さえたいです。続いて白が58に引いた時に、黒45にぶつかれば、白は受け方が難しいでしょう。
白が33や44に打てば、黒36のアテが効いて、黒87で右下の白が死んでしまいます。
黒45ブツカリに対して36ノビなら、23にハネ出し、白33、黒44までで
白が困ります(22と25が見合い)。
黒45ブツカリに、白25ツギなら、黒36と打って、次に黒86と、黒33が
見合いです。黒33、白44、黒23までで白がつぶれます。


このページのトップへ  

棋譜番号: 155 連絡日 2016年7月3日

先番    中丸仁(6目半コミ出し)  白番 斉藤杉太郎
2016年5月14日〜21日
結果: 40手完 白中押し勝ち
64 37 57 34 33 44 43 53 54 52
24 25 23 73 74 83 36 58 68 48
26 67 84 94 95 93 77 66 78 46
45 55 35 27 63 62 42 85 76 75


最後はダメヅマリをうっかりしていました。どう打っても勝ちだと思い込み、油断していました。
松村コメント
白八手目の53は少し強引すぎたようです。黒の応手が正しく、その後はずっと黒が優勢でした。
最後のダメヅマリは見落としでしたが、どこかで黒76に打つことができれば、黒65のオイオトシを見て先手ですので、これも黒が優勢でした。勝っている碁を最後まで勝つのは難しいですよね。

このページのトップへ  

棋譜番号: 156 連絡日 2016年7月3日

先番    中丸仁(6目半出し)     白番 山崎守男
2016年5月24日〜29日
結果: 30手完 黒半目勝ち
64 46 66 44 26 84 47 63 54 53
43 33 42 74 45 34 35 25 56 32
73 72 75 85 86 15 16 24 95 93

黒43の切りがよかったのでしょうか?
松村氏コメント
立ち上がりは珍しいマネ碁ですね。対称形なので、あまり黒が単純に打ってしまうと、コミが出なくなります。白が10手目でマネ碁をやめましたね。
黒54のツキアタリを悪手だとみて、付き合うのをやめたのでしょうか。黒43キリは良い手ですね。白の74も黒のダメヅマリ狙いでいい勝負です。
白18手目の25も良い手ですね。最後は白の15さがり、93の受けなど、最強の頑張りがありましたが、白逆転の手段はなさそうです。


このページのトップへ  

棋譜番号: 157 連絡日 2016年8月1日

先番 斉藤杉太郎(6目半コミ出し)
白番 中丸仁
2016年6月22日〜7月19日
(73手完 黒中押し勝ち)
64 56 55 66 46 45 47 44 63 57
25 24 26 52 62 48 38 58 23 14
33 34 42 28 37 39 29 19 27 17
16 49 43 84 83 29 54 35 13 85
18 82 93 17 87 77 74 75 18 73
72 17 86 18 94 95 76 65 78 88
98 89 67 68 79 69 99 96 97 77
73 89 67
(73手完 黒中押し勝ち)

白48からのハネツギがいけなかったでしょうか? 左上の白に手をかけるところだったでしょうか?
松村氏コメント
6手目の45キリは過激すぎたようです。48からのハネツギでは、左上に備えておくのが望ましいですが、ぴったりと生きる手が浮かびません。
白33に備えれば後から42ハサミツケがありますし、白32に備えると、今度は23ハサミツケがあります。
黒19手目の23に打たれると、白に反撃の手段が無いようです。
左下のコウ争いを黒が簡単に譲ってセキにしてしまうと、白が優勢になってしまうので、黒としては左辺の白を取るか、コウ立てで利益を得る必要があります。
黒からは右下隅にたくさんコウ立てがあったので、優勢を維持できました。




このページのトップへ  


|日本語のトップページへ|